真夜中Dポン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中Dポン

いつか風俗レポを書くためのブログ

『炭酸水チャレンジ』、童貞を殺す炭酸の話

先日、友人とどちらがより短小チンポか言い合いになり無事敗北しました。短小Dポンです。

このままではマズイ、チンポを鍛えようと思った時に見つけたのがこの『炭酸水チャレンジ』です。

 

f:id:Dpon:20170128131155j:plain

 

やり方はこの画像一枚で終わるほど簡単なものです。チンポを炭酸水に入れる。耐える。ただこれだけの簡単なお仕事です。無数のハチに刺されたら身体のどの部分でも危ないと思うのですがよりにもよってチンポです。

では、用意した炭酸水はこちらになります。

f:id:Dpon:20170128131502j:plain

一つ目は「エルダーフラワースパークリングウォーター」です。オーソドックスな無糖炭酸水をチョイス。

f:id:Dpon:20170128131549j:plain

嬉しいことにモロッコではこのフラワーウォーターを化粧水としても使う模様。チンポもキレイになりそうですね。

f:id:Dpon:20170128131615j:plain

2つ目は「トロピカーナ 果実の炭酸 オレンジ」です。無糖との比較用に用意しました。

 

家族がいない時間を見計らい準備を進めます。といっても風呂場に炭酸水と紙コップを持ち込むだけ。

しかし早速問題が発生します。冬場の浴室の寒さによりチンポが縮こまります。これではただでさえ短小チンポがさらに短くなり炭酸水に入れられません。急遽お湯を当てて温めると同時に緊張をほぐします。

いざ実践。まずは無糖炭酸水から突っ込みます。炭酸水といえど自分の手以外に挿入するのは初めての経験です。初体験の成功を祈りながら全裸になります。ストップウォッチのスタート同時に私の息子は泡の海へ旅立っていきました。

 

あれ……何も感じない……

真っ先に思い浮かんだ感想がこれです。まさかオナニーのしすぎで不感になったか?このままじゃ記事になんないよ、など様々な思考を張り巡らせているとヤツはいきなり現れました。

 

あっ…うっ…

油断している所に刺激が襲ったため多少声が漏れましたが、自分のチンポが正常であると確認でき正直ホッとしました。特にどこが痛いとかは無く、とにかくチンポ全体が痛いタイプの刺激でした。想像より痛くはありませんでしたが30秒で終了。

 

次にトロピカル炭酸水へ息子には旅立ってもらいます。無事、初体験を済ませたからでしょうか息子には余裕すら感じられます。えげつないオレンジ色の中に彼は消えていきました。

 

あれ……また何も感じない…

炭酸水の連続狩猟によってチンポが壊れたかと思いましたが二度同じ手は喰らいません。程なくして痛みが襲ってきます。ここですかさずストップウォッチを確認。約10秒辺りから痛みが襲ってくる事が判明します。痛みの種類としては芯の部分が痛みます。イメージとしては尿道です。チンポがストローとなり痛みをダイレクトに身体へ送ってくる感覚さえありました。どんな屈強な戦士も体内を鍛えることは出来ないように内側からくる痛みは耐え難いものです。これが果実の力か、30秒でギブアップ。

 

しかしこのままでは終われません。まだ息子にドクターストップはかかりません。どこかトロピカルな香りを漂わせるチンポを揺らしながら考えました。

よし、塩をいれよう。

今思えば私はキチガイです。意気揚々と無糖炭酸水に塩を入れます。ドリンクバーを頼んだら泡モリモリのしょっぱいメロンソーダを持ってこられた経験より、炭酸水に塩を入れると急速に泡立つことは知っています。しかしまさかそこにチンポをいれるとは、人生とはわからないものです。

 

コップの底にジャグジーでも付いているかと思えるほどの泡の中へ息子を送り出します。すると安寧の10秒を破り8秒で刺激が来る始末。

 

!?取れるッ!これ亀頭取れるッああ、あああぁ…

声を出さないと耐えられませんでした。刺激はカリの部分を集中砲火してきました。亀頭部分はほぼ感覚がなく取れたと錯覚するほどです。22秒の猛攻を耐えきり30秒でリタイアです。

すでに満身創痍の私にトロピカーナin塩が待ち構えます。信じて送り出した息子も赤く、そしてやつれて見るも無残な姿に。ここに画像を上げれないことが残念でなりません。とりあえず温水シャワーでほぐしつつ、これで最後だからがんばろ?先っちょだけでいいからと息子をなだめます。

 

いざ最後の性戦へ、もちろん先っちょだけで済むわけがなく根本まで入れられます。

 

許して、許してあああぁぁぁ許してえ!

ただただ「許して」を連呼していました。もはや叫びでした。何に対して許しを求めているのか今でもわかりませんがそのときは「許して」しか声に出せませんでした。声とは裏腹に、身体の一番敏感な部分を炭酸水に入れるなんて私は何をしているんだろう?ちゃんとした人間になれるのか?など思考だけは恐ろしく冷静でした。

痛みとしては相変わらずのカリ攻め。これはすでに感覚がなくなってきたので耐えられましたがやはりトドメは芯の部分です。チンポの外側はすでに麻痺していますからその内側、チンポの大事な部分が悲鳴をあげます。ガタガタ足震わせながら30秒経つと同時にコップを投げ捨て息子をシャワーで洗ってあげました。しおれてぐったりしている彼を見て今度から優しく扱おうと思いました。

 

これで私の『炭酸水チャレンジ』は終わりです。もう息子が限界です

まとめると無糖の炭酸水から始めた方が初心者向き塩は入れてはいけないの二つが伝われば良いです。あと最後にバレないように気をつけて下さい。私は事を終え後片付けをしている最中に家族が帰宅し間一髪でした。

どうあがいても言い訳のできない状況だったので本当に危なかったです。

ではこれで炭酸水で殺された童貞の話は終わりとさせていただきます。

 

(初体験は痛かったです)

『ポケモン』とエロについて ~最強エロシンカ~

http://pk-mn.com/image/news/2016/05/12/pokemon-sun-moon-package-name-2.jpg

2016年11月18日にポケットモンスター サン・ムーンが発売され、筆者も発売日に購入し楽しくプレイしている。そして、ポケモンの醍醐味である対戦に向けて厳選作業の真っ最中である。現在プレイ時間100時間程度の弱小プレイヤーの筆者が、現在の対戦環境やバトルで活躍できるポケモンを紹介できるはずもなく、こんな低俗ブログポケモンを取り上げる理由はただ一つである。

 

ポケモンはエロく進化している。

 

これを伝えたく思い、厳選作業に戻りたい気持ちを抑えて文を書いている。

多くの方はポケモン「子供向け」であるといったイメージを持っていることだろう。実際に2年前にポケットモンスター アルファサファイアを購入した際、両親からまだポケモンやるの!?と驚かれてしまった。ポケモンは奥が深くて決して子供だけのゲームではない!とキモオタ特有の早口でまくし立てたものの、きちんと理解してはもらえず『とんぼがえり』で自室に逃げ帰った事も今となっては懐かしい。

http://blog-imgs-74.fc2.com/m/a/n/mangakikou/1433001862723.jpg

このように世間ではポケモン」=「子供向け」の方程式が出来ている。子供向け作品に群がる大人というと大きなお友達と馬鹿にされるのが常だが、最近ではポケモンGOの世界的ブームにより大人もポケモンをプレイしても良いのだという風潮も出来つつある。しかし同時に交通事故やトラブルがニュースとなり、大人がポケモンなんてみっともないといった考え方も増えている。

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130829%2F26%2F2983896%2F27%2F240x160xdfc191cf71d030927955f7ca.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

しかし、ポケモンのゲームをプレイした方ならば分かるはずだ。子供向けのフリをしつつ大人でないと分からないブラックジョーク的な小ネタがいたるところに散りばめられていることを。ポケモン都市伝説と調べればわんさか出て来る怖い話や、シリーズ恒例となったきんのたまをくれるおじさんのようなわかりやすいタイプの下ネタから、山小屋の謎の液体で湿ったベッドというホモプレイを連想させるハードな下ネタまでぶち込んでくる始末である。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/O/Onigohri_362/20151113/20151113165628.png

つまり、ポケモンは「子供向け」と「大人向け(下ネタ)」が両立しており、そのバランスがポケモン老若男女に愛されるブランドとして成長させた要因であると考えられる。

 

筆者が最新作「サン・ムーン」をプレイして感じたことは、このバランスが「大人向け」へ傾き始めていないか?ということである。そもそもタイトルの略称がポケモンSMな時点で製作陣の中に女王様か豚が存在している疑いがある。

 

わざわざこんなブログまで来てネタバレされた!と騒ぐ人はいないと思うが一応ネタバレに配慮して「サン・ムーン」の魅力的なキャラクターを紹介していこう。

リーリエhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/03/portrait.png

このいかにもオタクが好きそうな真っ白な少女が本作のヒロインである。序盤にポケモンに襲われトラウマとなってしまい、トレーナーとして戦う事はなく戦闘面は主人公にまかせて後ろから付いてくるように旅をする。真っ白な外見、大人しい性格、主人公を必要に褒めてくる言動、その全てがステルスロックのようにオタクの心に突き刺さりか弱い女の子を守ってあげるでござるwwwwとキモオタプレイヤーは騎士様になることを避けられない。その証拠に「リーリエ」と検索すると候補「リーリエ 嫌い」と表示され、その殆どが女性層からの不満であり、リーリエの姫力の高さが光る

ハウ

多くのプレイヤーがバカっぽいと第一印象に感じるこの少年が今作のライバルである。ストーリーで度々バトルするのだが「サン・ムーン」の新ポケモン素早さが遅いポケモンが多く、気を抜くと鈍足パーティになってしまうのにも関わらず、ハウは高速なライチュウを繰り出してくるために先手を取られ続け、一方的にレイプされる展開になりがちである(体験談)。その為、バカのくせにウザいと言われ、特に何も悪いことをしていないのにヘイトを集めるキャラである。しかし、島キング(本作のジムリーダー的存在)を祖父に持ちながらも、その重圧に屈する事無く前向きにあり続ける姿勢や、無口クールなキャラに対して「黙ってるのがカッコイイと思ってるの?」とバカっぽい見た目からは想像もつかない鋭さで煽りを決めたりと、魅せる場面はいくつかあるので筆者は好きなキャラである。(あとハウ戦のBGM賑やかで良いよね)

スイレンhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/05/portrait.png

スイレン」という名前と見た目からポケモン使って来るんだろうなと分かるキャプテン(ジムリーダー的存在)である。ことあるごとに活きの良い海パン野郎という単語を会話にぶちこんでくるむっつりスケベキャラである。それに加えアニメのポケモンでもいち早くサトシとフラグを立ててくる強者で、やはりむっつりスケベである。

マオ

見た目からポケモンを使(ry

http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/c/9/c9eb0281.jpg

ゲーム中でマオが料理を作る場面があるのだが、いちいち表現がエロく、その様子が筆者がよく聞くオナニーサポート音声のようで戸惑った。あと脇がエロい

 

ライチ

今作の行き遅れババア枠で島クイーンをしている。結構こういうキャラ好き(どうでもいい個人的な感想)

 

http://s.inside-games.jp/imgs/p/6KrKB_I-GbaTEBWLec5LLcMLiAcGBQQDAgEA/697754.jpg

ババアといえば10年以上ポケモン界の頂点に君臨するガブリアスを使う「シロナ」の印象が大きく、ババア=強いといったイメージを勝手に持っていたので「ライチ」も強いのかなと思ったらそうでもなかった。あとシロナも好きです(どうでもいい個人的な感想)

 

ルザミーネ

悪の組織「スカル団」と対を成す善の組織エーテル財団」の代表である彼女は、自愛の心で溢れており、ポケモンを保護することを第一に考える優しい人物である。それもそのはず、その正体は40歳越えの経産婦なのだ。その事実が判明した瞬間、筆者のおねショタセンサーがこのキャラはポケモンの世界に居て良いキャラじゃないと反応し、股間コクーン『剣の舞』をするレベルである(エロすぎでしょ)ポケモンおねショタ推しは今に始まったことでは無いが、世界的ビッグタイトルのポケモンにおねショタ成分が入っているということは世界中におねショタ文化が広がって行くことであり、「おねショタ」が世界の共通語になる日も近いのかもしれない。話をルザミーネに戻すと、美しいものが好きという性格をしているためかミロカロスを使うのだが、個人的にルザミーネの雰囲気とマッチしていてとても良かった(小並感)。総合的に見てまさに神ってる(死語)キャラと言えよう。

ビッケhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/16/portrait.png

何かがおかしい外見をしているエーテル財団の副支部長である。わかりやすすぎる程胸を強調したデザインの服装や、アニメやゲームのキャラの髪型に対してとやかく言うのは野暮だと分かっているが何だこの髪型!?と突っ込まざるを得ない圧倒的毛髪量。先程紹介したルザミーネの金髪トルネードにも引けを取らないレベルであり、エーテル財団は最先端のファッションが流行している可能性がある。

主人公http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/01/portrait.png

最後にこれが今作の主人公である。真っ先に見てほしいのは女主人公のである。というか真っ先に目が行くのがであろう(くろいまなざし)。一見健全そうに見えつつもしっかりフェチを全開にする姿勢には、こだわりを越えた執念すら感じさせる。さらに、最近のポケモンでは主人公の着せ替えが可能であり、オタサーの姫からビッチギャルまで多種多様な要望に答えるラインナップである。ひとつ10万の帽子30万のバッグを揃える為に、11歳の主人公がたんぱんこぞうをフルボッコにして金を巻き上げるのがアローラでは日夜繰り返されている(勿論おまもりこばん)

さらに「サン・ムーン」では、主人公は他人のベッドに寝るアクションを取ることができる。そしてベッドの感想をひとことつぶやくおまけ付きである。いくら主人公が11歳の少年少女といってもいきなり家に入り込みもちろん本人の了承も得ず)ベッドに寝転がるのは狂気の沙汰である。勇者がアイテム欲しさに他人の家のツボを割る方がまだ理解できると言えよう。そのため今作の主人公はベッドソムリエの愛称で親しまれている。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Appget/Appget_News_226952_9707_2.png

 

舞台となるアローラ地方は南国の為、基本的に薄着になり露出が増えることになり、今まで紹介したキャラも薄着多かったのもうなずけよう。いや、本当にうなずけるのか?露出が多い以外にもツッコミ所は多く、明らかに大きなお友達に媚びてきてるポイントがあった。例えばキャラの頭身は今作からグッと高くなり、表情も豊かになったことがあげられる。今までのようなマリオを思わせる2頭身よりも確実にキャラの可愛さが強調され、可愛いを越えてトランセルを固くさせる(意味深)領域まで来ている。

つまり、ポケモンエロに傾いてきているのだ

 

アニメポケモンにも触れよう。今までのヒロインとは違いサトシへ明確な好意を寄せていた「セレナ」の登場により、ついにサトシも大人の階段を昇るのかと思いきや、アニメ「サン・ムーン」が始まった瞬間、リーリエ、スイレン、マオの三人に囲まれるラノベ主人公ばりのハーレムを完成させる始末。オタクたちの嫁は三ヶ月の1クールごとに変わるようなこだわりスカーフが飛び交う現代の高速環境において、求められているのはやはり一途なヒロインよりも安易なハーレムであると答えが出たのであろう。

http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/d/d/dde3dfd0.jpg

これが健全アニメと言えるかな?(ポケモン言えるかな?

 

まとめると、ポケモンは20年以上シリーズが続く化物タイトルである。その秘密はメガシンカやZ技といった新要素の追加だけではない。子供向けのフリをしながらエロ要素をぶち込み、青年誌で見るセックスよりも少年誌で見る乳首のほうがエロい現象を利用しているところにあるのだ。

まだエロを知らない少年たちに精通を促しつつ、汚れた大人へのアピールも忘れないポケモンの未来は明るく、ポケモン18禁になるのも遠い未来ではないだろう。

http://img.pokemonbbs.com/upl/03/1456668146-1.jpg

ポケモンとエロを語る上でポケモンそのものにエロスを感じる「ポケモナー」の存在も触れなくてはならないが、記事も長くなってきたことに加えてそろそろ厳選作業に戻りたいのでここで筆を置かせてもらう。

 

(エロ音声を聴きながらの厳選作業は非常に捗ることに気付いたので是非試してみてね)

 

 

 

桃栗三年、乳五年。閃乱カグラについて

https://www.jp.playstation.com/blog/20151124-psvr-01.jpg

最近いよいよVRゲームが本格的に盛り上がりを見せ、VR特有の立体感や存在感たっぷりのエロゲーがやりたい!ゲームの女の子の乳を揉みたい!と股間を夢で膨らませていることだろう。しかしここで振り返って頂きたい。約5年前3Dの飛び出すおっぱいを求めたゲームがあったことを。

 

その名は閃乱カグラである。

http://livedoor.blogimg.jp/luckmax999/imgs/2/8/28b71425.jpg

これは2011年9月22日に3DS専用ソフトとして発売された閃乱カグラ 少女たちの真影』のパッケージである。一瞬で分かることだろう、何よりも「乳」を売りにしているゲームであると。

まず、見ていただきたいのは表面パッケージである。腕を組んでこれでもかと強調した乳が「これはおっぱいを楽しむゲームです!」とユーザーに訴えている。このソフトをレジで店員さんに渡す時の恥ずかしさなど微塵も考えない強気な姿勢が伺える。

次に裏面だ。キャッチコピーである「命懸けで獲りにきて。」やその下に続く「忍の少女たちの戦いの軌跡。それは激しくも悲しい命の証。」という重たい文章とは裏腹に10人の女の子がすし詰め状態である。たとえ裏面であろうと可愛い女の子が沢山出るよ!とアピールを欠かさない為、店員さんに裏面で渡しても無駄なのだ。

http://jojotheworld.com/wp-content/uploads/2014/06/d10bf31b2dba8126929ae117cec0eca6.png

最後に側面を見てほしい。画像で言うところの中央の部分である。なんということだろう、墨絵風の渋い龍のアイコン達筆なタイトル表記ではないか。閃乱カグラというタイトル自体にエロ要素が無いことも相まって、ここだけ見れば硬派なゲームに見えなくもない。しかし流石に側面を向けながら店員さんに渡すことはできない。

http://iso-labo.com/labo/jojo/images/jojo3_words/3/28_39.jpg.pagespeed.ce.4FZc48NrO8.jpg

ではなぜ側面だけ硬派にしたのか?考えてみてほしい、本作を購入後自室の机の上に置いておいたとしよう。家族に見つかった瞬間家族会議である。それを防ぐために当然隠そうとするだろう。その時、本棚のような場所にしまえば見えるのは側面だけになる。そう、側面だけ硬派にしてあるのは母親の目から逃れる為なのだ。

購入時に店員さんからの羞恥を耐える試練を与える反面、購入後は家族バレへのフォローを忘れないツンデレ的配慮が、ユーザーを男として成長させること間違いないだろう。

パッケージからツッコミどころ満載な本作であるが、そもそものコンセプトが3DSの傾きを感知するモーションセンサー、立体視の3D描写をあわせて、飛び出すおっぱいを揺らそう!であるため仕方の無いことである。

そんなエロにまみれたゲームが果たして売れたのか?「閃乱カグラ 真紅」の画像検索結果

2が出るほど売れました。

しかもただ続編が出ただけでなく、1の完全版である閃乱カグラ burst 紅蓮の少女達』PSvitaより閃乱カグラ SHINOVI VERSUS 少女達の証明』、その続編閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS 少女達の選択』、番外編としてデカ盛り 閃乱カグラという音ゲーまで発売されシリーズとしての地位を確立し、アニメ化も果たしたのである。

なぜ、初作『閃乱カグラ』はおっぱい星人以外見向きもしないようなコンセプトながら『SIMPLE2000』シリーズのようにワゴン行きにならなかったのか。理由は(おっぱいのように)2つある。

1つ目は発売時期である。2011年9月に発売された『閃乱カグラ』だがその時期は3DSソフトの谷間だった。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51cZH2AhSVL.jpg

ゼルダの伝説 時のオカリナ3Dスターフォックス64 3Dなど過去の名作を3DS用にリメイクしたものが6~7月に発売され、マリオシリーズ初の3DS作品であるスーパーマリオ 3Dランド』11月に発売されるスケジュールとなっていた。

画像検索結果

つまり、リンクとマリオという爆乳の谷間に『閃乱カグラ』は発売されたのだ。当然競争する相手もおらず、どうせバカゲーだし箸休めに買ってみるかという需要が生まれたのでは無いかと考える(私がこのパターンです)

2つ目はおっぱいである。冗談ではない。コンセプトが3DSの機能とマッチしている為に説得力があり、なによりみんな興味があったのだ、3Dのおっぱいに。VRゲームの方でもアダルトゲームに期待が集まる現状からよく分かるように、エロの力は凄まじいといえるだろう。エロいから売れた。以上である。

ここまで、エロスによって売れたことを説明してきた。しかしそれだけでシリーズとして大成するわけがないのだ。いくらエロいとは言えCEROはD(17歳以上対象)であり、ポロリもない。おっぱい以外の魅力が『閃乱カグラ』にはあるのだ。

それは重いストーリーである。あんな爆乳をぶら下げておきながらその爆乳よりも重たい話が展開されていく。

本編の大まかな流れは、主人公「飛鳥」率いる善忍チーム5人とライバル「焔」率いる悪忍チーム5人が強力な力を秘めた巻物を奪い合う争奪戦である。(左:飛鳥、右:焔)

http://moca-news.net/article/20140418/2014041818580a_/image/!001.jpg

飛鳥と焔はまだ互いを敵と認識する以前にひょんなことから友達になっており、いざ忍務で敵対した時にかつての友を敵として切れるのか葛藤する様子が全編通して描写される……重い。

味方が自分をかばったせいで大怪我をし、無力な自分の不甲斐なさと罪悪感から仲間を裏切り敵に寝返るイベントも存在する……重い。

敵である悪忍も生きるために仕方なくなったものや、違法な忍務から得た報酬を身寄りのない子供たちの支援に使ったり、と完全な悪では無いことがアピールされる……重い。

http://i.imgur.com/9CkpWy3.png?2

いきなりだが、ここで私の一番のお気に入りを紹介しよう。乳以前にあきらかな痴女スタイルに驚かされるこちらは「葛城」といい、主人公の先輩である。人のおっぱいを揉むのが好きという性格のおかげで様々なエロイベントで活躍してくれる。しかし一方で、彼女の両親は任務に失敗し追われる身である「抜け忍」となっており、自分が功績を収めることで両親の失敗の責任を取ろうとしている……やっぱり重い。

こんな展開ごときで重いとかとか言うなよ!もっと胸糞悪いゲーム知ってるぜ!と思った方は一度おっぱいを揉んで冷静になって欲しい。こんな頭悪そうなゲームを買う層というのは、爆乳の女の子達がキャッキャウフフバイバイーンな展開を期待している軽い連中なのである。そんな軽い連中にとってはこの程度の展開でも十分に重いと言えよう。予想外に重いストーリーに飲まれたら最後、立派なカグラファンの完成である。

まとめると、『閃乱カグラ』は胸の谷間のような発売時期、爆乳よりも重いストーリー、3DSの機能を最大限に活用したおっぱい表現、これらが合わさりヒットしたのだ。これほど乳に愛されたゲームを私は他に知らない。

http://wp.dokuzen.com/wp-content/uploads/2016/10/kagura-peach-beach-splash-teaser-opened.jpg

ついに5週年をむかえた閃乱カグラシリーズであるがまだ勢いは衰えない。2017年には某イカゲームを彷彿とさせる水鉄砲で打ち合う閃乱カグラ新シリーズが発売される予定であり、いつの日かスマブラに参戦する日もそう遠くないのかもしれない。

 

 

 

3DS閃乱カグラシリーズは全て発売日に購入しているため早期購入特典のビジュアルブックを3冊所持しているのだが(表紙からエロいため)隠し場所に非常に困っている。

 

最初の一歩としての「エロRPG」

http://3.bp.blogspot.com/-zgjyJMls9uY/Vp3lude24zI/AAAAAAAABFU/FTEyxt3MwtY/s1600/%25E3%2582%25A2%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2593%25E3%2583%25AA%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2590%25E3%2583%259C%25E3%2583%25BC.JPG

業界には業界の常識というものが存在する。例えば、プールに飛び込む女子を後ろから見るとめっちゃエロいとか、スカトロ系で食糞すると見た目がいかにもなカレーよりも白米のような味の無い食べ物を食べたときにその味を思い出してしまう(友人談)などである。その世界に何の興味も無ければ知る由もない、しかし一歩でも踏み入れば常識となるルールやお約束というものは確かに存在する。

それはエロゲーでも同じこと。

真にエロゲーを楽しむ為には、このお約束を学ばなくてはいかんと考え、選んだゲームがこちらだ。

http://pics.dmm.co.jp/digital/game/d_092839/d_092839pr.jpg

エロゲーと一口に言っても種類がたくさんあり、物語を読み進める事を主としたノベル型や3Dモデルをガンガン動かしてシコる事を目的とした3D型なども存在する。

この『ダークエルフのヒストリア』はエロRPGである。エロRPGとはエロいことができるドラクエと考えて差し支えない(ちなみにドラクエやったことありません)。

ではなぜエロRPGを選んだのかといえば、これが最もシンプルなエロゲーだと考えたからだ。エロゲーとは、エロ+ゲームである。ゲームの王道RPGは、私も数多くプレイし(FFもやったことないけど)非常に慣れ親しんだジャンルである。そのためエロゲーという新天地にて慣れ親しんだゲームシステムは私に安心を与えてくれる

http://leisure-bonds.com/wp-content/uploads/2014/03/tsuyosatoha2.jpg

シンプルであるからこそ、前述のお約束を理解しやすく初心者でも楽しめるだろうと踏んだ。さらにDMM夏の半額セール中に購入したので1000円以下の出費で済んだ。なお半額セールは9/15には終わっているので今更駆け込んでも遅く、自分の情報収集力の低さに嘆くが良い

http://jojomaster.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_f8b/jojomaster/m_E382A2E3839BE383ACE382A4E38384E382AA.jpg?c=a2

さて、肝心の内容だがやはりエロゲーであるため、私の今までの常識が打ち壊されたポイントが大きく3つあった。

一つ目は戦闘バランスである。RPGといえばまず思い浮かぶのはレベル上げであり、面倒だが醍醐味でもある。お気に入りのパーティのみ育てていたらイベントでクソ雑魚控えメンバーが強制的に戦闘に出て散々な目にあった経験から、私は割りとしっかりレベリングする派なのだが、それは戦闘を楽しむ一般RPGの話。

エロRPGにとって戦闘は前戯であり、Hイベントを早く見せろ!と早漏感あふれる主張をする層も多いだろう。その層に配慮してか(絶対違う)なんと敗北するとレベルが1上がるシステムとなっている。敗北する=レベルが足りないであり、これを解決するためにレベル上げをするものだからこのシステムは実に効率よくプレイヤーを手助けしてくれているなと感心してしまった。エロゲープレイヤーは1,2時間もレベル上げをしたいのではなく1,2時間自分磨き(オナニー)をしたいだけなのである。

敵の強さに関しても弱点をしっかりと突いて戦えば倒せるレベルであり、RPG要素がエロのおまけで終わってはいなかった。まあ、防具がビキニアーマーしかない(全裸orビキニアーマーので、装備画面を開くたびにエロゲーやってるんだなと実感させられた。(ビキニアーマーにいったいどれだけの防御力があるかはさておき)

http://i2.gamebiz.jp/images/original/198237584556c599b3d63d40011.png

 二つ目はルートの多さである。RPGはよく一本道だと言われ、決められたお話にそってシナリオが進み世界を救ってはいエンディングというゲームも多いだろう(バッドEND、グッドEND、真ENDくらいあると個人的に嬉しい)。

プレイヤーの行動によって多数のエンディングを迎えられるゲームもあるが、あまりに多すぎても2,3ルートやったらもうお腹いっぱいでやめてしまう事もあった。特にバッドENDが何種類もあってもわざわざ負けるのも嫌だなあと敬遠しがちである。

しかしエロゲーでは違う。グッドENDだろうがトゥルーENDだろうがバッドENDだろうが全てエロイベントが発生するH(エッチ)ENDになるのだ。エロがあるなら色んなルートを攻略しようという気になってしまうものである。

さらにこの作品では、エンディングに至る前に善ルート悪ルートがあり、善ルートで(エロゲーだけど)純血を守り続け処女ENDを目指すも良し、悪ルートで身体を売り通行人と片っ端からヤリまくるも良しと非常に自由度が高い。ルートごとに趣の違うエロを楽しむことができるので、純愛じゃなきゃ抜けない人や、ビッチギャルが好きという方も幅広く楽しめる懐の広さに感動した。(安心してください、おねショタENDもありますよ)

 http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/12/nt_151112haiteru.jpg

 最後の三つ目は、プレイしていると非常に疲れるということである。私は新しいゲームを買うと食事や睡眠の時間を削ってまで何かに取り憑かれたようにプレイし続ける一般的なゲーマーであるため、丸一日ゲームできる環境を作ってからエロゲーを開始した。ところが二時間後には疲労から布団に横になっていた(オナニーではないです)。ゲームをプレイし続ける事も出来ないほど衰えたことに死にたくなりかけたが、その後スプラトゥーンを6時間程ぶっ続けてプレイできたので、このことからIQ179の私はエロゲーに問題があると判断、その答えを求め我々は南米へ飛んだ。

http://p.twpl.jp/show/large/9gpwW

答えは実にシンプルであった。エロRPGは基本的にエロイベントパートと、敵モンスターに犯されまくるが割りと真面目な戦闘パートから構成される。つまりエロと真面目が交互にやってくることになる。当然股間も膨張と縮小を繰り返す。勃起するために使うエネルギーとはなかなか馬鹿にできないものであり、これが疲労の原因であると考えられる。答えは南米ではなく身近なジャングルにあったのだ。

以上のような新発見(ミッケ!)があり、非常に有意義なエロゲー体験となった。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51ZZRWF4WAL.jpg

エロゲーに関してはまだまだ経験値が少なく、コクーンにすら進化できないビードル程度の私だが、エロゲーの良さを私なりに考えてみた。

それは「自由度の高さ」ではないだろうか?

http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F8%2F9%2F8349%2F1636%2Fc2378f4e90ec39bca6113a4bef47acca.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

一般RPGではボスに負けたら最後のセーブデータに戻されて勝つまで挑戦する事を強いられる。まるで「いいえ」を選ぶと会話がループし「はい」を選ばざるを得ない面倒なNPCのようである。

しかしエロRPGならばボスに勝てばそのままストーリーは進むし、負ければ犯されてそれはそれでストーリーは進むのだ。お金が足りなくて武器が買えないならストリップに出て稼ぐこともできる。敵モンスターを発情させ射精させれば弱体化させられる。確かに射精してすぐ戦ったら弱くなるだろう、命がけの戦闘では使えるものはなんでも使うのが普通である。ゾンビから必死に逃げているのに薄い木の扉程度に鍵がかかっているから通れないだとか、跨げば通れそうなカビゴンに立ち往生するゲームのほうが異常である。

 

http://livedoor.blogimg.jp/pokesenn/imgs/d/d/dddab501.jpg

 このように、倫理や道徳的考えに縛られずにヤリたいことをなんでもできるのが、GTAのような自由度とはまた違うエロゲー特有の自由度の高さを産んでいて、面白さにつながっているのだと感じた。

今後も是非エロゲーをプレイしていきたいと思うのだが前述したようにプレイ時の疲労をどう対策するかが最近の悩みである。

 

 

 

(チンポの根本を紐で縛れば勃起抑えられる?)

 

デュエリストが語る「断面図の落とし穴」

この世にはたくさんのカードゲームがある。ド定番のトランプや旅先に欠かせないウノ、コンビニのレジを占拠してサーチする者まで現れた遊戯王デュエルマスターズといったTCGトレーディングカードゲーム)、最近ではハースストーンシャドウバースといったゲームの中でカードゲームをする非実在型カードゲームなんて物も存在する(ハースストーンを2人の友人に勧めたら2人ともハースストーンではなくシャドウバース始めたのほんとムカつく)。

Dポンの青春はカードゲームとの青春!といえるくらい私はカードゲームが大好きだ。大事なことはカードゲームから学んだといっても過言ではない。

「ディオとの青春」の画像検索結果

私が始めてプレイしたTCGデュエルマスターズで小学生の頃だった。『ダブルソード・レッド・ドラゴンを切り札とする構築済みデッキを買い、一人のデュエリストが産声を上げる。このカードは私のデュエリスト人生の象徴であり、今でも画像を見るだけでも何か込み上げてくるものがある。(このカードを馬鹿にしたら温厚な私でも流石にキレます

「ダブルソードレッドドラゴン」の画像検索結果

デュエリストとなった私は友人たちと戦いに明け暮れた。しかし初めてのTCGということもあってかプレイングやデッキ構築が致命的に下手で負けまくりの日々を送っていた。そんな私を助けてくれたのは『DUEL JACK』である。これはコロコロコミックに連載されていた漫画であり、デュエルジャッカー「ショー」がデュエルに勝つために必要なことをレクチャーする、いわばデュエルマスターズの教本である。中学二年生までコロコロコミックを愛読していたコロコロコミッカーの私は非常にお世話になった作品である。

http://vignette1.wikia.nocookie.net/duelmasters/images/3/32/Duel_Jack!!_Volume_1.jpg/revision/latest?cb=20160131041846

 内容としては、切り札級のカードばかり入れると序盤に何もできないから気をつけようといった初歩的なアドバイスも多くあったが、初心者で小学生の私にはそれがありがたかった。おかげでデュエルマスターズに限らずデッキを構築する類のカードゲーム全てに通ずる考え方が手に入った(決闘者と書いてデュエリストと読めるほどに成長した)。

特に印象的なアドバイスに「なんでもできるとはなにもできない事」がある。これは相手がどんな戦法で来ても対応できるように、いろんな種類のカードをデッキに入れた結果、肝心な場面で必要なカードを引けず結局何もできずに敗北する事を意味している(一応ハイランダーという立派な戦術なのだが難度が高い)。少しでもカードゲームをかじっている人はわかると思うが、基本的にデッキに入れるカードの種類は少ない方が良いのだ。(簡単にいえば二兎追う者は一兎も得ずということ)

カードの種類を少なくする為にデュエリスト達はデッキ構築の際にカード一枚一枚を吟味する。そこで重要になるのがそのカード「ならでは」の部分である。他では替えがきかない「ならでは」なカードのみを採用することで種類を減らす。よってデュエリスト「ならでは」を大切にする。

 

 

二次元「ならでは」といえば断面図である。

 

これを言いたいが為に長ったらしい前振りをした、申し訳ない。断面図を知らない人向けに参考画像を探したがどれもガッツリアウトな画像しか見つからなかったので割愛する。代わりに言葉で説明すると「挿入したチンポが透けて見える」と非常に馬鹿っぽくなるので是非自分で調べてもらいたい。

この断面図の特徴として見栄えの良さがある。断面図がないと当然だが挿入するとチンポは見えなくなる。この状態で迫力ある射精シーンを描こうとすると男女の結合部から精液が飛び散る表現になりがちで、一面真っ白に飛び散るその様は金玉爆発したのか?と心配してしまう情景である。(ひどいやつだとこれくらい真っ白になるよね)

http://bleblebleach.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_441/bleblebleach/bleach_41_94p.jpg

それに引き換え、断面図があれば透けたチンポが見えるのでチンポの先から射精する様をしっかりと描写でき、見る側としても絶頂のタイミングがわかりやすく安心して達する事ができる(タイミングを逃さない)

http://yugioh-hack.com/wp-content/uploads/2016/02/376ecf189984062f0a193ba5afc56c68.png

しかしなんといっても断面図の一番の特徴は二次元ならではということ。私は中学生の頃に織田信長の断面図を答えよ」という一発ギャグを思いつき今でも使うほど気に入っているが、三次元の断面図などグロというレベルではなくそれに興奮する方はオカズ探し大変そうだなと思わずにはいられない。断面図とは二次元にのみに許されたジャンルであり、せっかくなんでもありの二次元媒体ならば、断面図は是非入れてほしいと思う。断面図に慣れるとAVの中出しシーンを見てもあまりの迫力の無さに萎えてしまうデメリットこそあるが(私が三次元で抜けない理由の一つ)、それを上回るメリットが数多くあることを説明できたと感じる。

http://livedoor.blogimg.jp/viviansyao/imgs/1/e/1edb3ad8.jpg

よーし今日は断面図で抜くか!とお思いの皆さんに一つ注意することがある。皆さんはDMMのようなアダルトサイトを利用したことはあるだろうか?数えきれない程の商品を扱うサイトでは、商品にジャンルがニコニコ動画よろしくタグがつけられているのだ。このタグ検索は欲しいジャンルを狙い撃ちでき、偏った性的嗜好の持ち主ならば非常にありがたい機能である。もちろん「断面図あり」のタグも存在し重宝している。

しかしこのタグにはトラップカード落とし穴がセットされている!断面図ありのタグが付いていながら断面図ありの挿入シーンより断面図なしの挿入シーンの方が多かったり、バッチリ断面図挿入してくれたのに射精シーンで急に断面図がなくなったり、サンプル画像に断面図が写っていたので安心していたらそのサンプルの場面以外は無断面図だったりした時はこれでどうやって抜けばいいんだ?と思わずにいられなかった。

「これでどうやって戦えばいいんだ」の画像検索結果

断面図とは、ロリだろうが熟女だろうが色々な属性と共存可能な人類が生み出した画期的な表現方法である。現実ではありえないから、と拒絶するのではなく受け入れてみてはいかがだろうか?

 

 

 

(書き終わって思ったけどこの記事の前半要らなくね?)

 

 

 

ロリから学ぶ陰毛の大切さ

http://serif.hatelabo.jp/images/cache/e654b46fbf03c3cc2c51f095c7cbe6882bb022dd/6bb6ea7e27660d2327db59ed2d66e56eaa7d4a56.gif

一番有名な性的趣向とはなんだろうか?そう、ロリコンである。

私の周りにも自称ロリコンが4、5人程おり、これは十人十色、千差万別の世界である性的趣向にとっては異常としか言いようがない(自分以外のおねショタ好きにろくに会ったことがない)。おそらく一口にロリコンと言っても細かい好みの違いはあるだろうが、私はロリの専門家ではなくあまり詳しくないのでよくわからない。ロリについて詳しく知りたい方は近くのロリコンに話を聞くのが良いだろう。安心してほしい、ロリコンはあらゆる場所に存在する。そう、あなたの後ろにも……(ホラー)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-32-50/hotma_dog_ilove/folder/318505/28/3001228/img_0

性的趣向の王様であるロリコンは同時に悪名高いことも知られている。性犯罪といえば真っ先にロリコンと考える方も多いのではないか?私の両親は性に対してかなりおおらかな為よくそういう類の話はするが、「お姉さんに手を出して捕まるならまだ許すが子供に手を出して捕まったら殺す」といつも言われており、ロリコンは生きることすら許されない。『おねショタは合法、ロリは違法』をキャッチコピーにおねショタ普及活動をしている私だが、ロリコン自体を批判するつもりは無い。しかしロリコン=変態のイメージが浸透し過ぎたためか、ロリコンは犯罪者予備軍かつ病気であり感染するのではないかと恐れられているのが現状である。(画像はみんな大好き『うえきの法則』の名シーンである)

http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20120214%2F75%2F731525%2F95%2F256x287x5b7e611272d34089f8c4aecc.jpg%2F300%2F600&twidth=200&theight=200&qlt=80&res_format=jpg&op=r

なぜロリコンはここまで肥大化したのか。それはロリコンブームの存在が大きい。

急激に成長したアニメや漫画といったメディアはそのメイン層が子供な為、共感しやすいように同年代の主人公を設定することが多い。当然少女にフォーカスを当てた作品も多数存在し、『カードキャプターさくら』や『プリキュア』などのように大きいお友達に熱狂的な支持を得ている作品も存在する。最近でも新しいフィギュアが作られていることからもその人気の高さが伺える。

http://hobby.dengeki.com/ss/hobby/uploads/2016/07/gsc_sakura_20160721_01.jpg

少女が活躍する物語を見る機会も増え、ロリの魅力に気付いた者が多くいた。女性があらゆる手段で追い求める物「若さ」その究極体であるロリ。流行るのも無理はない。

https://pbs.twimg.com/media/BzG5nmnCMAELQdS.jpg

ロリコンブームに影響を受けたエロ業界はロリ物の供給が増えだす。ここで考えてほしい。簡単に幼さを表現する方法とはなんだろうか?そう、パイパンである。ロリ物AV三種の神器といえばツインテール、ピンクの小物、パイパンであることはわざわざ言うまでも無いだろう。どんな年増でもツインテールにしてピンクと白のボーダーのハイソックスとイチゴパンツを穿かせパイパンにしたら合法ロリの完成である(参考画像は各自で調べるように)。今回は三種の神器の中でもパイパンについて取り上げる。パイパンって何?という勉強不足者の為にWikipediaを載せておく(割としっかり書いてある)

パイパン - Wikipedia

陰毛は言うまでも無く大人の象徴であり、もちろんロリには生えていない。つまりロリコンブームはパイパンブームということになる。その勢いはすさまじく、ロリ物限らずあらゆるジャンルでパイパンが流行し、陰毛好きの私としては人妻物のくせにパイパンだった時は流石にキレそうになった(実話)。陰毛表現はロリコンによって毟り取られたといっても過言ではないだろう。

http://h-art.sakura.ne.jp/sblo_files/cogitoergosum/image/jojo-SC_28u.gif

私に陰毛が生え始めた時の第一印象は「なにこれキモい」だった。いままで生えていなかったところに毛が生える違和感に加え、皮に陰毛が巻き込まれる実害も発生し陰毛に対する印象は最悪であった。しかし父親の部屋にある秘蔵エロ本を初めて見たときにその印象は一変する。目に飛び込んできたのは真っ黒なバミューダトライアングル(陰毛)。当時エロ初心者だった私には刺激が強すぎて、黒の大三角形が頭から離れず軽く不眠症になる程、陰毛の魔の海域に飲まれてしまったことを今でもはっきりと覚えている(同時に陰毛の良さに気付けたので今となってはいい思い出)

 次の画像を見ていただきたい。私の言いたい陰毛の良さがわかるだろう。

f:id:Dpon:20160819235825j:plain

全面肌色のこの画像は色に変化が無い為どこを注目して見れば良いのかわからない。人間の目はこのような注目できない物を見るとストレスを感じるようにできている。さあ、次の画像だ。

f:id:Dpon:20160819235812j:plain

今度の画像は中央下の黒い部分に自然と注目してしまったのではないだろうか?これが陰毛の効力である!(決して海苔弁の画像ではないです)黒い部分のおかげで注目できないストレスから開放される。つまり陰毛は癒し安心感を与えてくれる存在なのである。

以上より、局部を隠すように生える陰毛によってむしろ強調されてしまっていることが証明された。この矛盾感がイヤラシイと専門家(私)は語る。「オリンピックには出ることに意味がある」と誰かが言った。私は「陰毛は薄くても生えていることに意味がある」と言いたい。

大事なのはコントラスト差であり、肌色の中に黒がある事が重要なのである。小学生なら産毛でいい、生やせ。中学生なら範囲は狭くともしっかりと、生やせ。高校生ならとにかく濃く、生やせ。成人以降は遠慮はいらないジャングルのように、生やせ。これをモットーに陰毛の輪を広めていこうと思う。

http://pds.exblog.jp/pds/1/200906/06/85/e0131985_0173284.jpg

今回はパイパンが当たり前のロリとの比較で陰毛の良さを伝えてきたが、私が一番言いたいのは剛毛ロリって良いよねということである。ロリ巨乳があるなら剛毛ロリもありでしょ!ぜひ流行ってほしい(絶滅危惧種)

 

 

 

(マジでおねショタ物で陰毛薄いの勘弁して……)

『伯爵家女中伝』、これでぼくは男になりました。

http://www.takeshobo.co.jp/sp/tvn/img/books/book01.jpg

Dポンという人間を説明するのに多くの言葉は要らない。「おねショタ好き」たったこの一言があれば良い。これはそんな人間が産声をあげる話である。

まず最初におねショタって何?というビギナー向けに軽い説明を挟む。おねショタとはおねえさんとショタ(少年)がエッチな事をするシチュエーションを指し、年齢差から生じる性的な余裕の有無や、体格差などを楽しめる魅力がある。おねえさん役は姉であるべき派や近所のおねえさんが良い!と主張する派閥も存在し、細分化していくとキリがないのは性的趣向の定めであり、面白さでもある。内容は薄っぺらいがおねショタのWikipediaを載せておく(本当に薄い)

おねショタ - Wikipedia

いよいよ本題に移ろうと思う。みなさんはタイトルにもある『伯爵家女中伝』という作品をご存知だろうか?作品のジャンルとしては本の帯に「おねショタ本格メイドハーレムファンタジー」と一応書かれており、このとりあえず流行ったもの全部入れとけ!と言わんばかりの「全部のせ」感は異常である。パワプロの派生作品であるパワプロクンポケットは内容があまりにも濃くなりすぎて、ジャンルが「スポーツ・育成」から「野球バラエティ」に変更になった話はあまりにも有名であり、このことから「おねショタ本格メイドハーレムファンタジー」と長ったらしいジャンルを付けざるを得なかった本作品の内容の濃さが伺える。(ちなみに画像は借金のせいで連れ去られた幼馴染からの手紙である。……うーん野球バラエティ?)

http://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20141121%2F25%2F2865635%2F7%2F408x529x554c82a29f9d09941ff98fde.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

それでは『伯爵家女中伝』の濃い内容に触れていきたいと思う。理由は後述するが割りとざっくりとした説明になる。

まず、主人公となるショタは「ウィル」といい、由緒正しい伯爵家の坊っちゃんである。貴族なので当たり前だが広いお屋敷に住んでおり、母親はすでに他界し父親は王都へ住んでいるため屋敷にはいない。よく漫画などでは主人公の行動の邪魔になるという理由で主人公の両親はすでに死んでいたり海外旅行や出張へ行くものだが、それを同時に達成するウィル君の主人公力の高さが光る。

当然広いお屋敷に坊っちゃん独りのはずはなく、お手伝いさんがたくさん屋敷では働いている。ちなみにこのお手伝いさんはすべて女性であり、さらに美人だけを選りすぐっている。なんだこの大奥は!と思った方は将軍をショタに、女性の着物をメイド服に置き換えればイメージとしておおかた問題ないだろう。

http://d13n9ry8xcpemi.cloudfront.net/photo/odai/400/75621cb75fbb541f796dcecdec39a17e_400.jpg

この主人公力抜群のウィル君が女中たちにいったいどんな陵辱の限りを尽くすのか?ワクワクしながら1P目をめくるとそこには夢精しうなだれるウィル君がいた。読者の中に夢精を体験した方はいるだろうか?私は無い。しかし男性なら誰しも一度は夢精した後の処理をどうしよう…と授業中いきなりテロリストがやってきたらどうしようみたいな事を考えるものだ。つまりウィル君は1P目からテロリストに襲われたも同然の窮地に立たされているのだ。さらにその横では女中長「トリス」が着替えを急かしてくるではないか!これは夢精をどうごまかそうか考えていたらいきなり母親に早く起きろと布団をめくられるようなものである。まさに地獄

http://livedoor.4.blogimg.jp/himasoku123/imgs/c/6/c68c89f9.png

しかしこの例えはあながち間違いでは無い。何を隠そうこのトリスはウィルの乳母(ナニーと読みますエロいよね)であり、家庭教師(カヴァネスと読みます強そう)であり、母親のいないウィル君にとってはトリスこそが母親的存在である。ちなみに巨乳でくっそエロい。

地獄のような夢精現場に話を戻すと、まあバレました。当たり前である。いくらファンタジーでも無理なものは無理なのだ。

http://livedoor.blogimg.jp/jyojyo_soku/imgs/7/b/7bad0861.png

しかもトリスにたくさん出しましたねと言われるおまけ付きである。(これはこれでエロいよね)

夢精した→有り余る精→奴隷で発散しよう このトリスの三段活用によりウィル君は奴隷市場に赴くことになる。最近のラノベでは奴隷が流行っているらしく異世界転生したらまずは奴隷市場に行くのがセオリーとのこと。みなさんも異世界転生した際は慌てず最寄りの奴隷市場に向かおう。

無事に奴隷を買ったウィル君、さあこの奴隷に初めてを捧げる待ちに待った濡れ場だ!と誰だってそー思った俺もそー思った。

http://blog-imgs-52.fc2.com/n/a/n/nanamemaeda/2012123001.jpg

しかしトリスは私に筆おろしの相手をさせてくださいと土下座して頼み込む迫真のインターセプトを決める!ここでトリスはウィル君を(性的に)大好きという事実が判明し、筆おろしイベントが始まる。そう、おねショタものにおいて筆おろしというイベントは大きな意味を持つ。何も分からず余裕のないショタが初めての快楽に戸惑いながらも性欲に身を委ね、それを全て優しく受け入れるおねえちゃんという、いかにもおねショタの原液をさらに煮詰めて濃くしたような展開を味わえるのが筆おろしなのである。

ここからはウィルとトリスの濃厚な濡れ場が展開する1巻の山場であり、圧倒的おねショタ指数を叩き出す。そのため私の文章力とおねショタスカウターが耐えられず、ここで『伯爵家女中伝』の内容についての話は終わらせていただく。

http://up.gc-img.net/post_img_web/2014/08/a9c69ecc5946a808381559fb91bfcae9_4214.jpeg

ここまで読んでくれたおねショタニストの方々はおいおいそりゃないぜ!俺は濡れ場が見てーんだよ!と思うだろう。安心してほしい実はこの『伯爵家女中伝』なんとwebにて無料公開されているのだ(ステルスマーケティング)そのためにざっくりとした説明のみに留めた(と言いつつ長めになってしまい申し訳ない)これを期に少しでも『伯爵家女中伝』に興味を抱いて頂けたらこれ程嬉しいことはない。

novel18.syosetu.com

さて、それではタイトルの後半部分のこれでぼくは男になりましたの部分に触れていこう。今までさんざんおねショタと連呼してきたが、Dポンのおねショタ歴は約1年ほどである。性的趣向の世界は無尽蔵に広く深く、1年程度ではまだまだにわかと呼ばれても可笑しくない。それでもなぜDポンはおねショタ好きをアピールし続けるのか?答えは単純、初めて買った18禁商品が『伯爵家女中伝』だからである。私は中学生の頃からオナホのレビューを読み漁ることを趣味としていた為、18歳になったらすぐにオナホを買うだろうと思っていた。しかし、18歳を超えた今でもオナホどころか未だに18禁コーナーに入れないチキンな成人男性に成長していた。こんな私がオナホよりも先に初めて買った18禁商品、この意味の大きさをよく考えてほしい。

このように恥を忍んで両親に頼むほど私の心はおねショタの虜になってしまった。

まだ私が無差別級のエロリストだった時にこの作品に出会い、文章を読んで喘ぐという経験を初めてした。右手で画面をスクロール、左手はおひざ、この状態で何の性的刺激を受けていないのにも関わらず『伯爵家女中伝』を読んでいる、たったそれだけで口から喘ぎ声が漏れてしまった。その瞬間私は悟った。私が胸を張って好きだと言えるのはこれだと、運命の出会いであると。まるでラグラージにはっぱカッターをぶち当てた時のような効果音が頭の中を駆け巡り(こうかは ばつぐんだ!)私はおねショタを専攻することを決め、性的趣向の成長という意味で改めて男となった。

http://www.smashbros.com/wii/jp/characters/images/pokemon_trainer/pokemon_trainer_070927c.jpg

やはり男たるもの心の底から好きだと言える性的趣向を一つは持っていないと生きていくのは難しい世界へと変わりつつ有る現代。この機会にぜひ自分の性的趣向と向き合い何が好きか?をハッキリさせてみてはいかがだろうか。みなさんにも素敵な出会いがあることを祈るばかりである。

 

 

 

 

ちなみに私が「おねしょた」でも「オネショタ」でもなく「おねショタ」という表記を好んで使う理由は冒頭でも説明したように『伯爵家女中伝』の帯に「おねショタ本格メイドハーレムファンタジー」(原文ママ)と「おねショタ」表記されていたからである。(作品へのリスペクト)