真夜中Dポン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中Dポン

いつか風俗レポを書くためのブログ

『ポケモン』とエロについて ~最強エロシンカ~

http://pk-mn.com/image/news/2016/05/12/pokemon-sun-moon-package-name-2.jpg

2016年11月18日にポケットモンスター サン・ムーンが発売され、筆者も発売日に購入し楽しくプレイしている。そして、ポケモンの醍醐味である対戦に向けて厳選作業の真っ最中である。現在プレイ時間100時間程度の弱小プレイヤーの筆者が、現在の対戦環境やバトルで活躍できるポケモンを紹介できるはずもなく、こんな低俗ブログポケモンを取り上げる理由はただ一つである。

 

ポケモンはエロく進化している。

 

これを伝えたく思い、厳選作業に戻りたい気持ちを抑えて文を書いている。

多くの方はポケモン「子供向け」であるといったイメージを持っていることだろう。実際に2年前にポケットモンスター アルファサファイアを購入した際、両親からまだポケモンやるの!?と驚かれてしまった。ポケモンは奥が深くて決して子供だけのゲームではない!とキモオタ特有の早口でまくし立てたものの、きちんと理解してはもらえず『とんぼがえり』で自室に逃げ帰った事も今となっては懐かしい。

http://blog-imgs-74.fc2.com/m/a/n/mangakikou/1433001862723.jpg

このように世間ではポケモン」=「子供向け」の方程式が出来ている。子供向け作品に群がる大人というと大きなお友達と馬鹿にされるのが常だが、最近ではポケモンGOの世界的ブームにより大人もポケモンをプレイしても良いのだという風潮も出来つつある。しかし同時に交通事故やトラブルがニュースとなり、大人がポケモンなんてみっともないといった考え方も増えている。

https://rr.img.naver.jp/mig?src=http%3A%2F%2Fimgcc.naver.jp%2Fkaze%2Fmission%2FUSER%2F20130829%2F26%2F2983896%2F27%2F240x160xdfc191cf71d030927955f7ca.jpg%2F300%2F600&twidth=300&theight=600&qlt=80&res_format=jpg&op=r

しかし、ポケモンのゲームをプレイした方ならば分かるはずだ。子供向けのフリをしつつ大人でないと分からないブラックジョーク的な小ネタがいたるところに散りばめられていることを。ポケモン都市伝説と調べればわんさか出て来る怖い話や、シリーズ恒例となったきんのたまをくれるおじさんのようなわかりやすいタイプの下ネタから、山小屋の謎の液体で湿ったベッドというホモプレイを連想させるハードな下ネタまでぶち込んでくる始末である。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/O/Onigohri_362/20151113/20151113165628.png

つまり、ポケモンは「子供向け」と「大人向け(下ネタ)」が両立しており、そのバランスがポケモン老若男女に愛されるブランドとして成長させた要因であると考えられる。

 

筆者が最新作「サン・ムーン」をプレイして感じたことは、このバランスが「大人向け」へ傾き始めていないか?ということである。そもそもタイトルの略称がポケモンSMな時点で製作陣の中に女王様か豚が存在している疑いがある。

 

わざわざこんなブログまで来てネタバレされた!と騒ぐ人はいないと思うが一応ネタバレに配慮して「サン・ムーン」の魅力的なキャラクターを紹介していこう。

リーリエhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/03/portrait.png

このいかにもオタクが好きそうな真っ白な少女が本作のヒロインである。序盤にポケモンに襲われトラウマとなってしまい、トレーナーとして戦う事はなく戦闘面は主人公にまかせて後ろから付いてくるように旅をする。真っ白な外見、大人しい性格、主人公を必要に褒めてくる言動、その全てがステルスロックのようにオタクの心に突き刺さりか弱い女の子を守ってあげるでござるwwwwとキモオタプレイヤーは騎士様になることを避けられない。その証拠に「リーリエ」と検索すると候補「リーリエ 嫌い」と表示され、その殆どが女性層からの不満であり、リーリエの姫力の高さが光る

ハウ

多くのプレイヤーがバカっぽいと第一印象に感じるこの少年が今作のライバルである。ストーリーで度々バトルするのだが「サン・ムーン」の新ポケモン素早さが遅いポケモンが多く、気を抜くと鈍足パーティになってしまうのにも関わらず、ハウは高速なライチュウを繰り出してくるために先手を取られ続け、一方的にレイプされる展開になりがちである(体験談)。その為、バカのくせにウザいと言われ、特に何も悪いことをしていないのにヘイトを集めるキャラである。しかし、島キング(本作のジムリーダー的存在)を祖父に持ちながらも、その重圧に屈する事無く前向きにあり続ける姿勢や、無口クールなキャラに対して「黙ってるのがカッコイイと思ってるの?」とバカっぽい見た目からは想像もつかない鋭さで煽りを決めたりと、魅せる場面はいくつかあるので筆者は好きなキャラである。(あとハウ戦のBGM賑やかで良いよね)

スイレンhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/05/portrait.png

スイレン」という名前と見た目からポケモン使って来るんだろうなと分かるキャプテン(ジムリーダー的存在)である。ことあるごとに活きの良い海パン野郎という単語を会話にぶちこんでくるむっつりスケベキャラである。それに加えアニメのポケモンでもいち早くサトシとフラグを立ててくる強者で、やはりむっつりスケベである。

マオ

見た目からポケモンを使(ry

http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/c/9/c9eb0281.jpg

ゲーム中でマオが料理を作る場面があるのだが、いちいち表現がエロく、その様子が筆者がよく聞くオナニーサポート音声のようで戸惑った。あと脇がエロい

 

ライチ

今作の行き遅れババア枠で島クイーンをしている。結構こういうキャラ好き(どうでもいい個人的な感想)

 

http://s.inside-games.jp/imgs/p/6KrKB_I-GbaTEBWLec5LLcMLiAcGBQQDAgEA/697754.jpg

ババアといえば10年以上ポケモン界の頂点に君臨するガブリアスを使う「シロナ」の印象が大きく、ババア=強いといったイメージを勝手に持っていたので「ライチ」も強いのかなと思ったらそうでもなかった。あとシロナも好きです(どうでもいい個人的な感想)

 

ルザミーネ

悪の組織「スカル団」と対を成す善の組織エーテル財団」の代表である彼女は、自愛の心で溢れており、ポケモンを保護することを第一に考える優しい人物である。それもそのはず、その正体は40歳越えの経産婦なのだ。その事実が判明した瞬間、筆者のおねショタセンサーがこのキャラはポケモンの世界に居て良いキャラじゃないと反応し、股間コクーン『剣の舞』をするレベルである(エロすぎでしょ)ポケモンおねショタ推しは今に始まったことでは無いが、世界的ビッグタイトルのポケモンにおねショタ成分が入っているということは世界中におねショタ文化が広がって行くことであり、「おねショタ」が世界の共通語になる日も近いのかもしれない。話をルザミーネに戻すと、美しいものが好きという性格をしているためかミロカロスを使うのだが、個人的にルザミーネの雰囲気とマッチしていてとても良かった(小並感)。総合的に見てまさに神ってる(死語)キャラと言えよう。

ビッケhttp://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/16/portrait.png

何かがおかしい外見をしているエーテル財団の副支部長である。わかりやすすぎる程胸を強調したデザインの服装や、アニメやゲームのキャラの髪型に対してとやかく言うのは野暮だと分かっているが何だこの髪型!?と突っ込まざるを得ない圧倒的毛髪量。先程紹介したルザミーネの金髪トルネードにも引けを取らないレベルであり、エーテル財団は最先端のファッションが流行している可能性がある。

主人公http://www.pokemon.co.jp/ex/sun_moon/common/images/character/01/portrait.png

最後にこれが今作の主人公である。真っ先に見てほしいのは女主人公のである。というか真っ先に目が行くのがであろう(くろいまなざし)。一見健全そうに見えつつもしっかりフェチを全開にする姿勢には、こだわりを越えた執念すら感じさせる。さらに、最近のポケモンでは主人公の着せ替えが可能であり、オタサーの姫からビッチギャルまで多種多様な要望に答えるラインナップである。ひとつ10万の帽子30万のバッグを揃える為に、11歳の主人公がたんぱんこぞうをフルボッコにして金を巻き上げるのがアローラでは日夜繰り返されている(勿論おまもりこばん)

さらに「サン・ムーン」では、主人公は他人のベッドに寝るアクションを取ることができる。そしてベッドの感想をひとことつぶやくおまけ付きである。いくら主人公が11歳の少年少女といってもいきなり家に入り込みもちろん本人の了承も得ず)ベッドに寝転がるのは狂気の沙汰である。勇者がアイテム欲しさに他人の家のツボを割る方がまだ理解できると言えよう。そのため今作の主人公はベッドソムリエの愛称で親しまれている。

http://s.eximg.jp/exnews/feed/Appget/Appget_News_226952_9707_2.png

 

舞台となるアローラ地方は南国の為、基本的に薄着になり露出が増えることになり、今まで紹介したキャラも薄着多かったのもうなずけよう。いや、本当にうなずけるのか?露出が多い以外にもツッコミ所は多く、明らかに大きなお友達に媚びてきてるポイントがあった。例えばキャラの頭身は今作からグッと高くなり、表情も豊かになったことがあげられる。今までのようなマリオを思わせる2頭身よりも確実にキャラの可愛さが強調され、可愛いを越えてトランセルを固くさせる(意味深)領域まで来ている。

つまり、ポケモンエロに傾いてきているのだ

 

アニメポケモンにも触れよう。今までのヒロインとは違いサトシへ明確な好意を寄せていた「セレナ」の登場により、ついにサトシも大人の階段を昇るのかと思いきや、アニメ「サン・ムーン」が始まった瞬間、リーリエ、スイレン、マオの三人に囲まれるラノベ主人公ばりのハーレムを完成させる始末。オタクたちの嫁は三ヶ月の1クールごとに変わるようなこだわりスカーフが飛び交う現代の高速環境において、求められているのはやはり一途なヒロインよりも安易なハーレムであると答えが出たのであろう。

http://livedoor.4.blogimg.jp/maji_kichi/imgs/d/d/dde3dfd0.jpg

これが健全アニメと言えるかな?(ポケモン言えるかな?

 

まとめると、ポケモンは20年以上シリーズが続く化物タイトルである。その秘密はメガシンカやZ技といった新要素の追加だけではない。子供向けのフリをしながらエロ要素をぶち込み、青年誌で見るセックスよりも少年誌で見る乳首のほうがエロい現象を利用しているところにあるのだ。

まだエロを知らない少年たちに精通を促しつつ、汚れた大人へのアピールも忘れないポケモンの未来は明るく、ポケモン18禁になるのも遠い未来ではないだろう。

http://img.pokemonbbs.com/upl/03/1456668146-1.jpg

ポケモンとエロを語る上でポケモンそのものにエロスを感じる「ポケモナー」の存在も触れなくてはならないが、記事も長くなってきたことに加えてそろそろ厳選作業に戻りたいのでここで筆を置かせてもらう。

 

(エロ音声を聴きながらの厳選作業は非常に捗ることに気付いたので是非試してみてね)