真夜中Dポン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中Dポン

いつか風俗レポを書くためのブログ

『炭酸水チャレンジ』、童貞を殺す炭酸の話

先日、友人とどちらがより短小チンポか言い合いになり無事敗北しました。短小Dポンです。

このままではマズイ、チンポを鍛えようと思った時に見つけたのがこの『炭酸水チャレンジ』です。

 

f:id:Dpon:20170128131155j:plain

 

やり方はこの画像一枚で終わるほど簡単なものです。チンポを炭酸水に入れる。耐える。ただこれだけの簡単なお仕事です。無数のハチに刺されたら身体のどの部分でも危ないと思うのですがよりにもよってチンポです。

では、用意した炭酸水はこちらになります。

f:id:Dpon:20170128131502j:plain

一つ目は「エルダーフラワースパークリングウォーター」です。オーソドックスな無糖炭酸水をチョイス。

f:id:Dpon:20170128131549j:plain

嬉しいことにモロッコではこのフラワーウォーターを化粧水としても使う模様。チンポもキレイになりそうですね。

f:id:Dpon:20170128131615j:plain

2つ目は「トロピカーナ 果実の炭酸 オレンジ」です。無糖との比較用に用意しました。

 

家族がいない時間を見計らい準備を進めます。といっても風呂場に炭酸水と紙コップを持ち込むだけ。

しかし早速問題が発生します。冬場の浴室の寒さによりチンポが縮こまります。これではただでさえ短小チンポがさらに短くなり炭酸水に入れられません。急遽お湯を当てて温めると同時に緊張をほぐします。

いざ実践。まずは無糖炭酸水から突っ込みます。炭酸水といえど自分の手以外に挿入するのは初めての経験です。初体験の成功を祈りながら全裸になります。ストップウォッチのスタート同時に私の息子は泡の海へ旅立っていきました。

 

あれ……何も感じない……

真っ先に思い浮かんだ感想がこれです。まさかオナニーのしすぎで不感になったか?このままじゃ記事になんないよ、など様々な思考を張り巡らせているとヤツはいきなり現れました。

 

あっ…うっ…

油断している所に刺激が襲ったため多少声が漏れましたが、自分のチンポが正常であると確認でき正直ホッとしました。特にどこが痛いとかは無く、とにかくチンポ全体が痛いタイプの刺激でした。想像より痛くはありませんでしたが30秒で終了。

 

次にトロピカル炭酸水へ息子には旅立ってもらいます。無事、初体験を済ませたからでしょうか息子には余裕すら感じられます。えげつないオレンジ色の中に彼は消えていきました。

 

あれ……また何も感じない…

炭酸水の連続狩猟によってチンポが壊れたかと思いましたが二度同じ手は喰らいません。程なくして痛みが襲ってきます。ここですかさずストップウォッチを確認。約10秒辺りから痛みが襲ってくる事が判明します。痛みの種類としては芯の部分が痛みます。イメージとしては尿道です。チンポがストローとなり痛みをダイレクトに身体へ送ってくる感覚さえありました。どんな屈強な戦士も体内を鍛えることは出来ないように内側からくる痛みは耐え難いものです。これが果実の力か、30秒でギブアップ。

 

しかしこのままでは終われません。まだ息子にドクターストップはかかりません。どこかトロピカルな香りを漂わせるチンポを揺らしながら考えました。

よし、塩をいれよう。

今思えば私はキチガイです。意気揚々と無糖炭酸水に塩を入れます。ドリンクバーを頼んだら泡モリモリのしょっぱいメロンソーダを持ってこられた経験より、炭酸水に塩を入れると急速に泡立つことは知っています。しかしまさかそこにチンポをいれるとは、人生とはわからないものです。

 

コップの底にジャグジーでも付いているかと思えるほどの泡の中へ息子を送り出します。すると安寧の10秒を破り8秒で刺激が来る始末。

 

!?取れるッ!これ亀頭取れるッああ、あああぁ…

声を出さないと耐えられませんでした。刺激はカリの部分を集中砲火してきました。亀頭部分はほぼ感覚がなく取れたと錯覚するほどです。22秒の猛攻を耐えきり30秒でリタイアです。

すでに満身創痍の私にトロピカーナin塩が待ち構えます。信じて送り出した息子も赤く、そしてやつれて見るも無残な姿に。ここに画像を上げれないことが残念でなりません。とりあえず温水シャワーでほぐしつつ、これで最後だからがんばろ?先っちょだけでいいからと息子をなだめます。

 

いざ最後の性戦へ、もちろん先っちょだけで済むわけがなく根本まで入れられます。

 

許して、許してあああぁぁぁ許してえ!

ただただ「許して」を連呼していました。もはや叫びでした。何に対して許しを求めているのか今でもわかりませんがそのときは「許して」しか声に出せませんでした。声とは裏腹に、身体の一番敏感な部分を炭酸水に入れるなんて私は何をしているんだろう?ちゃんとした人間になれるのか?など思考だけは恐ろしく冷静でした。

痛みとしては相変わらずのカリ攻め。これはすでに感覚がなくなってきたので耐えられましたがやはりトドメは芯の部分です。チンポの外側はすでに麻痺していますからその内側、チンポの大事な部分が悲鳴をあげます。ガタガタ足震わせながら30秒経つと同時にコップを投げ捨て息子をシャワーで洗ってあげました。しおれてぐったりしている彼を見て今度から優しく扱おうと思いました。

 

これで私の『炭酸水チャレンジ』は終わりです。もう息子が限界です

まとめると無糖の炭酸水から始めた方が初心者向き塩は入れてはいけないの二つが伝われば良いです。あと最後にバレないように気をつけて下さい。私は事を終え後片付けをしている最中に家族が帰宅し間一髪でした。

どうあがいても言い訳のできない状況だったので本当に危なかったです。

ではこれで炭酸水で殺された童貞の話は終わりとさせていただきます。

 

(初体験は痛かったです)