真夜中Dポン

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真夜中Dポン

いつか風俗レポを書くためのブログ

デュエリストが語る「断面図の落とし穴」

この世にはたくさんのカードゲームがある。ド定番のトランプや旅先に欠かせないウノ、コンビニのレジを占拠してサーチする者まで現れた遊戯王デュエルマスターズといったTCGトレーディングカードゲーム)、最近ではハースストーンシャドウバースといったゲームの中でカードゲームをする非実在型カードゲームなんて物も存在する(ハースストーンを2人の友人に勧めたら2人ともハースストーンではなくシャドウバース始めたのほんとムカつく)。

Dポンの青春はカードゲームとの青春!といえるくらい私はカードゲームが大好きだ。大事なことはカードゲームから学んだといっても過言ではない。

「ディオとの青春」の画像検索結果

私が始めてプレイしたTCGデュエルマスターズで小学生の頃だった。『ダブルソード・レッド・ドラゴンを切り札とする構築済みデッキを買い、一人のデュエリストが産声を上げる。このカードは私のデュエリスト人生の象徴であり、今でも画像を見るだけでも何か込み上げてくるものがある。(このカードを馬鹿にしたら温厚な私でも流石にキレます

「ダブルソードレッドドラゴン」の画像検索結果

デュエリストとなった私は友人たちと戦いに明け暮れた。しかし初めてのTCGということもあってかプレイングやデッキ構築が致命的に下手で負けまくりの日々を送っていた。そんな私を助けてくれたのは『DUEL JACK』である。これはコロコロコミックに連載されていた漫画であり、デュエルジャッカー「ショー」がデュエルに勝つために必要なことをレクチャーする、いわばデュエルマスターズの教本である。中学二年生までコロコロコミックを愛読していたコロコロコミッカーの私は非常にお世話になった作品である。

http://vignette1.wikia.nocookie.net/duelmasters/images/3/32/Duel_Jack!!_Volume_1.jpg/revision/latest?cb=20160131041846

 内容としては、切り札級のカードばかり入れると序盤に何もできないから気をつけようといった初歩的なアドバイスも多くあったが、初心者で小学生の私にはそれがありがたかった。おかげでデュエルマスターズに限らずデッキを構築する類のカードゲーム全てに通ずる考え方が手に入った(決闘者と書いてデュエリストと読めるほどに成長した)。

特に印象的なアドバイスに「なんでもできるとはなにもできない事」がある。これは相手がどんな戦法で来ても対応できるように、いろんな種類のカードをデッキに入れた結果、肝心な場面で必要なカードを引けず結局何もできずに敗北する事を意味している(一応ハイランダーという立派な戦術なのだが難度が高い)。少しでもカードゲームをかじっている人はわかると思うが、基本的にデッキに入れるカードの種類は少ない方が良いのだ。(簡単にいえば二兎追う者は一兎も得ずということ)

カードの種類を少なくする為にデュエリスト達はデッキ構築の際にカード一枚一枚を吟味する。そこで重要になるのがそのカード「ならでは」の部分である。他では替えがきかない「ならでは」なカードのみを採用することで種類を減らす。よってデュエリスト「ならでは」を大切にする。

 

 

二次元「ならでは」といえば断面図である。

 

これを言いたいが為に長ったらしい前振りをした、申し訳ない。断面図を知らない人向けに参考画像を探したがどれもガッツリアウトな画像しか見つからなかったので割愛する。代わりに言葉で説明すると「挿入したチンポが透けて見える」と非常に馬鹿っぽくなるので是非自分で調べてもらいたい。

この断面図の特徴として見栄えの良さがある。断面図がないと当然だが挿入するとチンポは見えなくなる。この状態で迫力ある射精シーンを描こうとすると男女の結合部から精液が飛び散る表現になりがちで、一面真っ白に飛び散るその様は金玉爆発したのか?と心配してしまう情景である。(ひどいやつだとこれくらい真っ白になるよね)

http://bleblebleach.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_441/bleblebleach/bleach_41_94p.jpg

それに引き換え、断面図があれば透けたチンポが見えるのでチンポの先から射精する様をしっかりと描写でき、見る側としても絶頂のタイミングがわかりやすく安心して達する事ができる(タイミングを逃さない)

http://yugioh-hack.com/wp-content/uploads/2016/02/376ecf189984062f0a193ba5afc56c68.png

しかしなんといっても断面図の一番の特徴は二次元ならではということ。私は中学生の頃に織田信長の断面図を答えよ」という一発ギャグを思いつき今でも使うほど気に入っているが、三次元の断面図などグロというレベルではなくそれに興奮する方はオカズ探し大変そうだなと思わずにはいられない。断面図とは二次元にのみに許されたジャンルであり、せっかくなんでもありの二次元媒体ならば、断面図は是非入れてほしいと思う。断面図に慣れるとAVの中出しシーンを見てもあまりの迫力の無さに萎えてしまうデメリットこそあるが(私が三次元で抜けない理由の一つ)、それを上回るメリットが数多くあることを説明できたと感じる。

http://livedoor.blogimg.jp/viviansyao/imgs/1/e/1edb3ad8.jpg

よーし今日は断面図で抜くか!とお思いの皆さんに一つ注意することがある。皆さんはDMMのようなアダルトサイトを利用したことはあるだろうか?数えきれない程の商品を扱うサイトでは、商品にジャンルがニコニコ動画よろしくタグがつけられているのだ。このタグ検索は欲しいジャンルを狙い撃ちでき、偏った性的嗜好の持ち主ならば非常にありがたい機能である。もちろん「断面図あり」のタグも存在し重宝している。

しかしこのタグにはトラップカード落とし穴がセットされている!断面図ありのタグが付いていながら断面図ありの挿入シーンより断面図なしの挿入シーンの方が多かったり、バッチリ断面図挿入してくれたのに射精シーンで急に断面図がなくなったり、サンプル画像に断面図が写っていたので安心していたらそのサンプルの場面以外は無断面図だったりした時はこれでどうやって抜けばいいんだ?と思わずにいられなかった。

「これでどうやって戦えばいいんだ」の画像検索結果

断面図とは、ロリだろうが熟女だろうが色々な属性と共存可能な人類が生み出した画期的な表現方法である。現実ではありえないから、と拒絶するのではなく受け入れてみてはいかがだろうか?

 

 

 

(書き終わって思ったけどこの記事の前半要らなくね?)